亡き夫の残した店を守るために、高利貸しにすがり、男のいやらしい要求、辱めにも耐える未亡人を最後まで演じきり、羞恥や屈辱、嫌悪を所作や表情でしっかり表現しています。
義弟の前でのセックスの背徳感がいやらしく抜けます。